大阪府 吹田市 小児科・アレルギー科 阪急北千里駅 【ほそいがく こども診療所】  院長:細井 岳(ほそい がく)
小児科・アレルギー科
診察予約はこちら
大阪府吹田市古江台4-2-60千里ノルテビル TEL06-6155-0255HOME
ほそいがくこども診療所院長あいさつ診療のごあんないワクチン接種について交通アクセス
ごどもたちの輝く笑顔健康のために
お知らせ
17.10.25

臨時休診のお知らせ New!
日本小児アレルギー学会参加のため、11月18日(土曜日)は臨時休診とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、ご了承下さい。

17.11.13

院長からのお知らせ New!
秋も深まり、ずいぶん寒くなりました。幼稚園の行事などが一段落ついたのか、当院の周りでは、特定の感染症は流行していません。それでも、溶連菌、アデノウィルス感染症などの患者さんがよく来院されています。少し前にみられたインフルエンザも、ここ1ヶ月ほど検査陽性の患者さんはいない状況です。本格的な冬がやって来ます。冬は、やはり風邪の多い季節です。お子様達の体調変化にご注意下さい。

インフルエンザワクチン New!
当院のインフルエンザワクチンの予約枠は、全ていっぱいになりました。今年はワクチンの数が足りないと言われており、当院でのこれ以上の接種は困難と思われます。ご了承下さい。

17.09.25

院長からのお知らせ
気付けば、9月も下旬になりました。運動会など行事の多い季節です。今年は、朝夕涼しくなるのが早く、残暑に悩まされることは少なかったですが、気温差に弱い、アレルギーの児にとっては、つらい9月になっているようです。例年よりも、早くから、また多くの児が鼻炎、喘息、などの症状に悩まされています。しっかりとした治療が必要です。そのほかに、RSウィルス, 溶連菌、相変わらずのアデノウィルス感染症などが流行しています。インフルエンザの児も散発的にいるようです。急な発熱にはご注意を。

17.08.07

院長からのお知らせ
8月に入り、暑い日が続いております。今年は、梅雨が明けたにもかかわらず、大気が不安定で雨が降ったり、台風が接近したりで、夏でも呼吸器の過敏な児の喘息発作が目立っております。夏型感染症は、一段落した感があります。熱中症などに注意して、お子達と一緒に楽しい夏休みを過ごせるよう、ご留意下さい。

17.06.15

院長からのお知らせ
近畿地方も梅雨入りしたようですが、今のところ、なんだかさわやかな気候が続いています。診療所では、いわゆる夏型感染症が流行しております。アデノウィルス、手足口病、ヘルパンギーナなど。急な高熱に皆、びっくりして来院されています。他に、いわゆる吐き下しの胃腸炎も流行中。一部の患者さんからはノロウィルスが検出されています。梅雨時は、喘息の増悪もあります。皆さん、お子様の体調変化に目配り下さい。

学会参加による休診のお知らせ
7月8日(土)は小児皮膚科学会参加のため休診とさせていただきます。
ご不便をおかけしますが、お許し下さい。

17.05.10

院長からのお知らせ
5月の連休も終わり、良い季節になりました。感染症の強い流行はありませんが、それでも、熱の下がらないお子さんが来院されています。いわゆる、5月病の季節でもあります。新生活にちょっと疲れてしまって、保育園や学校に行けないようなお子さんもおられます。
せっかくの良い季節ですので、ひどく健康状態をこじらせないように、早めにご相談下さい。

17.03.15

院長からのお知らせ
3月というのに、寒い日が続きます。それでも確実に季節は変わってきており、当院でも、あまりインフルエンザの患者さんは見かけなくなりました。今は、アデノウィルス、マイコプラズマ、RSウイルス等の感染症と花粉症の患者さんが多く来院されます。
卒園、卒業、の季節です。体調管理にはご注意を。本格的に暖かくなるのはもう少しです。

17.01.16

院長からのお知らせ
2017年が明け、早くも2週間が経ちました。大寒波で千里にも雪が積もりました。
先週から、当院も診療を始めました。昨年から引き続きマイコプラズマ肺炎の患者さんもたくさんいます。しつこい咳が特徴です。集団生活が始まり、冬型感染症本番の季節です。北千里でもインフルエンザの患者さんも増えています。急な高熱にはご注意下さい。

16.11.17

院長からのお知らせ
北千里でも、紅葉がきれいな季節になりました。急な寒さのためか、当院でも、インフルエンザの患者さんが、早くも出始めております。体調管理が難しい季節ではあ りますが、ワクチン接種も急いだ方が良さそうです。

16.10.21

院長からのお知らせ
急に秋らしくなってきました。呼吸器の調子が悪くなっている児が多い印象です。また、いよいよ冬の感染症が流行する時期です。体調管理に気をつけて下さい。

インフルエンザワクチンについて
当院では10月24日(月)から接種を開始いたします。今年は、予約患者さんが多く、既に当院の予約枠は残っておりません。ご了承下さい。

ワクチン不足について
日本脳炎、MRワクチンの供給不足が続いております。待っていただくこともありますが、予約は少しずつ受付できる状況です。必要な方はお電話にてご予約下さい。
TEL:06-6155-0255

16.09.08

院長からのお知らせ
2学期が始まりました。暑い日が続いており、それに加え、台風などの影響で、気圧変化、気温変化が大きくなっています。そのため体調を崩す児が増えています。また、運動会などの行事の多い季節でもあります。子供達の体調変化に注意してあげて下さい。

ワクチン不足についてのお知らせ
いろいろな事情で、日本脳炎ワクチン、MRワクチンなどが不足している状況です。
お電話いただいても、両ワクチンの予約を承れないことがありますが、ご了承下さい。
ただし、日本脳炎は、北千里近郊に住んでいる限り罹患しませんので、接種が遅れても心配ありません。ご安心下さい。MRワクチンは1回目接種の児を優先させていただく場合もあります。ご理解下さい。

B型肝炎ワクチンの定期接種について
本年10月1日より、B型肝炎ワクチンが公費負担で接種できるようになります。対象は平成28年4月1日以降に生まれのお子さんで、一歳になるまでに3回の接種を済ませることが必要です。特に本年4月、5月生まれのお子さんで、これまで接種を待っておられた方は、スケジュールがタイトですので、1回目接種をなるべく早期に行うよう注意して下さい。当院でも、接種予約を受け付けております。

16.08.23

院長からのお知らせ
今年の大阪の暑さは格別のようで、毎日暑い日が続いております。子供達は元気に過ごしているとは思いますが、夏型感染症はまだまだ流行中で、急な発熱、発疹などの変化に気づくようにして下さい。野外での活動中の熱中症にも注意が必要です。元気に、新学期を迎えるようにサポートしてあげて下さい。

16.06.20

院長からのお知らせ
大阪はすでに梅雨入りし、暑かったり、じめじめしたりの毎日です。梅雨に入ると喘息の調子がおかしくなってしまう患者さんがいます。いつもの薬を使っていても、咳がでるなどの兆候は見逃さないようにして下さい。
また、いわゆる夏風邪が流行してきました。急な高熱は溶連菌、アデノウィルス、ヘルパンギーナなどが原因のことが多いので、こども達の変化に気をつけてあげて下さい。

16.04.14

院長からのお知らせ
いよいよ新年度が始まりました。新しい生活が始まったお子様も多いことと思います。これまでと違った環境に入ることで、体調を崩すことはよくあることです。こども達の、ちょっとした変化に気をつけて、新しい環境を楽しめるようにお過ごし下さい。

16.03.15

院長からのお知らせ
やっとインフルエンザの流行は下火になってきましたが、まだまだシーズン最後にインフルエンザに罹患してしまう児が来院されています。
同時に、花粉がたくさん飛び始め、目がかゆい、鼻水がでる、といった患者さんも増えてきました。年度末、行事も多い時期です。お子様の体調管理に気をつけて下さい。

16.01.12

院長からのお知らせ
新しい年が始まりました。2016年が皆様にとって良い年であるようお祈りしております。
保育園、学校などの集団生活が始まりましたので、これから本格的な冬の感染症の季節です。また、スギ花粉は、昨年より早期に、大量の飛散が予測されています。子供達の状態にお気をつけ下さい。ただ、今年は暖かい冬のためか、年が明けても今のところ北千里ではインフルエンザの流行はありません。

15.12.17

インフルエンザワクチンについて
今期のインフルエンザワクチンの接種は終了いたしました。
ご希望通りにならなかったお子様もいらっしゃるとは思いますが、ご了承下さい。これから、いよいよインフルエンザのシーズンです。こども達の体調変化にご注意下さい。

院長からのお知らせ
今年も残すところわずかとなりました。今年は暖冬らしいですが、北千里界隈も冬の様相になってきました。年末年始は、行事や外出が多くなる季節です。感染症は、ヒトからもらいますので、人混みなどに行くときには、体調管理にご注意下さい。皆様良いお年をお迎え下さい。

15.11.16

院長からのお知らせ
北千里界隈も、すっかり紅葉の季節になりました。温度変化により、喘息発作が出てしまうお子さんがちらほらいらっしゃいます。RSウィルス、マイコプラズマ、アデノウィルスなどの感染症に加え、胃腸炎も流行し始めています。年末にかけて、行事など忙しい時期です。こども達の変化には気を配ってあげて下さい。

インフルエンザワクチンについて
予約していただいた方を中心に、できる限りワクチンを接種しています。当院の受け入れ能力の問題から、新たな予約をすべて受け入れられる状況にはありません。ご希望に添えない場合も多くなってきましたが、お許し下さい。幸い、北千里界隈では、まだインフルエンザは流行しておりません。

15.10.05

院長からのお知らせ
今年は、涼しくなるのが早いなあと言っている間に、もう10月。本格的な秋に入りました。こども達は運動会シーズンですね。少し喘息で苦しむ児は減ったようですが、溶連菌、マイコプラズマ肺炎などは引き続き、流行中です。
冬の流行に備えて、当院でも今週末からインフルエンザワクチンの接種を始めます。皆さんも準備を怠らないように。こども達の健康に注意を払って、秋を楽しく過ごして下さい。

15.07.24

院長からのお知らせ
こども達は、夏休みになり、楽しい毎日を過ごしていることと思います。今年は雨、台風などが多く、梅雨明けしても、喘息発作が出ているこども達が多くいます。また、手足口病、ヘルパンギーナ、アデノウィルス、溶連菌などが流行しています。今年はマイコプラズマ肺炎も多いように思います。楽しい夏休みを気持ちよく過ごせるように、こども達の体調の変化に注意してあげて下さい。

15.06.26

髄膜炎菌ワクチンの接種が可能となりました。
髄膜炎菌ワクチンの接種が可能となりました。これまでもアメリカへの留学などのために接種希望があったワクチンですが、日本でも利用可能となりました。常に在庫があるわけではありませんので、接種希望者は予約の上、ご来院下さい。
詳しくはこちらのページもご覧ください >> 髄膜炎菌ワクチンについて

15.06.22

院長からのお知らせ
梅雨に入り、恵の雨ではありますが、雨の多い、不安定な毎日です。梅雨に入ると、喘息の調子が悪くなるお子さんがいます。今年の雨は、これからが本番のようですから、お子様達の体調管理に十分気をつけてあげて下さい。当院では、胃腸炎、手足口病、アデノウィルス感染症、溶連菌感染などの患者さんが多くなってきています。
※お知らせしていました、スギ花粉症に対する舌下免疫療法ですが、12歳以上の方で、本治療をご希望の方は、まずはご来院下さい。アレルギー検査など、必要な検査、説明をしてから、初回の薬使用の日時の予約をしていただきます。初回は院内で内服する必要がありますので、ご了承下さい。

15.05.11

院長からのお知らせ
ゴールデンウィークも終わり、夏までの少しのあいだ過ごしやすい季節が続くと思います。やっと気候が安定して、病気の少ない季節になりました。そんな季節でも、ちょっとした発熱など、いわゆるカゼに罹患すること、カゼと思っていて一大事ということもありますので、お子様達の健康状態には気を配って下さい。
当院でも、6月からスギ花粉症の舌下免疫療法を開始しようと思います。12歳以上の方で、この治療にご興味のあるかたは、ご相談下さい。

15.04.19

院長からのお知らせ
新学期が始まり少し経ちました。新しい生活に慣れるとともに、疲れが出て、発熱するお子さんが多くなっています。ゴールデンウィークで一息つくまでの、もう少しの間、お子様達のちょっとした変化に目配りお願いします。当院の周辺では手足口病やヒトメタニューモウィルス感染症が流行しております。溶連菌、水痘などに罹患してしまうお子さんも見受けられますのでご注意下さい。

15.03.16

院長からのお知らせ
あっと言う間に3月に入りました。卒業のシーズンですね。
『卒園式にはどうしても出させたい。』といって来院されるお子さんも増えています。幸い、インフルエンザは北千里では下火ですが、高熱のお子さんはたくさんいらっしゃいます。
また、今年から花粉症という子供さんも、よく来院されています。門出の喜ばしいシーズンですが、まだまだ寒い日もあります。子供さんの体調変化にご注意を。

15.02.15

院長からのお知らせ
一番寒い季節ですから、いろいろなウィルス感染が流行し、発熱されている子供たちがたくさんいます。
ただ、医院の周囲ではインフルエンザAの流行は減ってきたようです。これからインフルエンザBの流行がはじまるかもしれません。気をつけて下さい。
花粉症の季節もやってきます。そろそろ症状が出始めている児もいます。お子様たちの鼻炎症状にも注意してあげて下さい。スギ花粉の季節が終わりましたら、今年からスギ花粉の舌下免疫療法を開始する予定です。

15.01.08

院長からのお知らせ
2015年がはじまりました。今年も、子供たちの笑顔のために、できることを一生懸命やろうと思っております。よろしくお願いいたします。
昨年末から、インフルエンザが大流行です。学校、幼稚園などがはじまり、さらに拡大の可能性があります。気をつけて下さい。暖かくなるまでの3ヶ月間、冬の感染症に加え、スギ花粉症のシーズンもやって来ます。喘息の児にとってもつらい季節です。長引く咳などに注意して、冬を乗り切ってほしいと思います。

インフルエンザ・ワクチン接種について
当院のインフルエンザワクチン接種は昨年内に終了いたしました。
流行まっただ中で今更ですが、ご希望があれば、ご相談下さい。

14.12.08

院長からのお知らせ
今年も残り少なくなって参りました。例年より少し早く当院でもインフルエンザ陽性の患者さんが出てきました。アデノウィルスは真っ盛りです。溶連菌などの高熱でぐったりとしている児も見かけます。
何かと忙しい季節、こんな時こそ、子供たちの体調変化に敏感になってあげて下さい。

今年のインフルエンザ・ワクチンWEB予約は、基本的に終了いたしました
これからの接種は予定がタイトです。
当院での接種をご希望の場合は直接来院し、院長にご相談下さい。

年末年始の休診のお知らせ
当院の年末年始の休診は12月28日(日)から1月8日(木)までととさせていただきます。
新年は1月9日(金)より通常どおり診療を行います。
長いお休み中、ご不便をおかけしますが、悪しからずご了承いただきますようお願いいたします。

14.11.14 院長からのお知らせ
11月もなかばになり、医院から見える木々が赤く染まる季節になりました。医院ではインフルエンザワクチンの接種が真っ盛りです。寒くなってきて感冒が流行しています。アデノウィルスやノロウィルスが検出されています。当院では、まだインフルエンザの患者さんは見かけませんが、吹田市内では、散発的に出ているようです。お子様たちの発熱にはご注意ください。

インフルエンザワクチンの予約について。
既に、ほとんどの予約枠は埋まってしまいました。12月に若干の空がありますので、2回目の方、一度だけで良い方などは、webからご予約願います。
どうしても2回目の予約が取れない方は、直接来院され、院長にご相談ください。
>> http://www.0661550255.com/i/

14.09.29 院長からのお知らせ
朝夕と涼しくなってきました。こういうときは喘息をはじめとした呼吸器疾患が悪くなることがあります。せっかく練習してきたのに運動会に出られなかった、ということにもなりかねません。いつも通り、日頃の体調管理を、しっかりしてあげて下さい。
北千里周辺ではアデノウィルスやRSウィルスの流行がみられます。

インフルエンザワクチンの予約も始まりました。
例年通りインフルエンザはweb予約のみとなっております。
すでに、予約枠はなくなりつつありますので、当院で接種希望の方は、お早めに予約お願いいたします。 接種開始は10月20日を予定しております。
予約は以下のアドレスからお願いします。
>> http://www.0661550255.com/i/

水痘ワクチンの定期接種について。
2014年10月1日より定期接種。
これまで通り、水痘ワクチンは2回接種が推奨されております。予算の関係等で、残念ながら、すべての子供に2回接種を公費で負担するという決定にはなりませんでした。
これまでの接種回数にかかわらず、理想は2回接種ということをご理解下さい。また、水痘は大きくなってから罹患すると重症化しやすいことも知っておいて下さい。
お住まいの市町村から連絡があった通り、基本は、1才から3才誕生日までは2回。3才から5才の誕生日までは1回の水痘ワクチンが公費で接種できます。3才から5才の接種は来年3月31日までの特例ですので希望者は気をつけて下さい。
当院でも接種予約を開始しましたので、受け付けにて予約を取って下さい。接種回数等、詳しい相談がご希望の場合は一般診療時間にお越しいただき、院長と相談して下さい。

14.08.21

院長からのお知らせ

気がつけば、子供たちの夏休みも、もうすぐ終わりに近づいています。今年の夏は、まるで梅雨のように前線が停滞し、カンカン照りの夏らしい夏ではありませんでした。
そのためか、咳が続いているお子さんが多いようです。夏ばて気味で体調を崩しているお子さんも、少なからず見かけます。これから秋にかけて、例年以上に体調管理が難しいと思われます。お子様の変化にご注意ください。

14.07.14

院長からのお知らせ

恵みの雨の季節、梅雨ですが、今年はそれに台風まで重なって、喘息などをお持ちの子供たちにとっては、つらい季節でした。でも夏の本番はあと少し。それまでを何とか乗り切ってほしいと思います。
夏型感染症がはやってきました。ヘルパンギーナに手足口病。やっと溶連菌は減ってきましたが、プール熱も出てきています。夏休み前の体調変化にご注意を。

14.01.21

PolePole写真館に新しい写真を掲載しました。
年始めなので、『PolePole写真館』に新たな写真を掲載しました。よろしければご覧ください。
遠くにある国で、日本での存在感は大きくないかもしれません。でも、タンザニアには日本に感謝している人々がたくさんいます。
アフリカの国の底力、懐の深さ、のんびりした雰囲気などを感じていただければと思います。
>> PolePole写真館

13.11.21

お願い
受診予約にwebをご利用いただいておりますが、携帯電話の変更などで、予約サイトからの連絡がうまく行かず、ご不自由をおかけすることがあるようです。携帯電話の機種変更の際には、再度アドレスの登録をやり直すようお願いいたします。

13.06.17 子宮頸がんワクチンについてのお知らせ
原因特定がされていない、身体の痛みを訴える副反応が、子宮頸がんワクチン接種後に起こっているようです。幸い、当院で接種を受けた方で、そのような副反応を訴える方は今のところいらっしゃらないようですが、厚労省は子宮頸がんワクチン接種を積極的に勧めることを中止しました。接種するかどうかは、親に一任という姑息な方法です。注意することで感染の機会を減らせるわけですから、調査結果を待つのが一法と思います。接種のキャンセルは随時受け付けております。もちろん希望者には接種をいたしますので受付に申し出て下さい。
13.04.19 ワクチン関連のお知らせ
これまで、一部助成制度の対象であった、ヒブ、肺炎球菌、子宮頸がんの3種類のワクチンが定期接種化され、全額公費負担となりました。喜ばしい限りではありますが、生後2ヶ月から生後半年ぐらいの間のワクチン接種が非常に過密スケジュールになってしまいます。ご希望の方は、早め早めに接種をするように心がけて下さい。問診票は各自治体発行のものを使用します。ご自分の住所の保健センター等にお問い合わせ下さい。
  麻疹、風疹(MR)ワクチンについて
今年の3月31日をもって、MRワクチンの3期(中学1年生)、4期(高校3年生)の定期接種が終わります。以後は自費による接種となります。接種対象の方は、問診票が届いているはずです。まだの方は、是非とも3月中に接種を済ませるようにして下さい。
12.11.05 4種混合ワクチンについてのお知らせ
2012年11月から、3種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンが組み合わさった4種混合ワクチン(DPT-IPV)が利用可能になります。接種対象者は2012年8月以降生まれの乳児となります。ワクチンの入荷量は非常に限られているため、対象者以外への接種はできない状況です。従いまして、7月以前に生まれた方は、これまで通り、3種混合ワクチンと単独の不活化ポリオワクチンを接種していただくようお願いします。また、4種混合ワクチンで開始した方も、ワクチンの入荷状況によっては、4種混合ワクチンでの接種を完了できないことも起こりうると思われます。その場合も、接種を待つのではなく、3種混合ワクチンと単独の不活化ポリオワクチンを接種していただくようお願いします。
12.09.27 ポリオの不活化ワクチンについて
生ワクチンを2回完了していないお子さまを対象にポリオ単独のワクチン接種が開始されます。当院では9月12日予約分から接種を受け付けます。同時接種も可能です。ご希望の方は受付にお伝え下さい。

新ワクチンのお知らせ
ロタウィルスワクチンは2種類使用できるようになりました。ロタリックスは生後6 週から24週までの間に2回、ロタテックは生後6週から32週までの間に3回、接種が必要です。ワクチンの種類が増え、スケジュールが非常にタイトです。同時接種にかぎり、 当院でも接種しております。どちらのワクチンが希望かも含め予約時に受付にお伝えさい。
※ロタウィルスワクチンについて詳しくは >> 『各種ワクチンについて』ページをご覧ください。
11.09.05 子宮頸がん予防ワクチンに関するお知らせ

ようやく日本でもヒトパピローマウィルスを予防するワクチンが2種類になりました。
一つは、既に利用できた2価のワクチン(HPV16, 18に有効)でもう一つは4価ワクチン(HPV6, 11, 16, 18に有効)です。(詳細はワクチン各論を参照して下さい)現時点で、どちらのワクチン(2価か4価)が良いのかは結論は出ていません。子宮頚がんの予防という意味では、どちらも優劣ないと考えられますが、せっかくワクチンを接種するならば、より多くの疾患を予防できるワクチンの方が良いようにも思われます。というわけで、当院でも4価ワクチンを導入いたします。9月15日から2価同様、4価ワクチンも公費助成の対象となります。
※尚、同一人物に両方のワクチンを打つことは避けるよう、添付文書に明記されていますので、既に2価ワクチンの接種を1回でもされている方は、そのまま2価ワクチンの接種を行います。
※特に、どちらかが希望ということがあればお知らせ下さい。


ワクチンに関するお知らせ

接種ワクチンの種類が増えていることなどから、当院のワクチンの予約枠がいっぱいになり、皆様のご希望に沿えないことが多くなっております。ワクチン日の開始時間を少し早めること、臨時のワクチン接種日を設けるなどで対応させていただいておりますが、問診しながら安全に接種するには自ずと限度があります。ご不便をおかけいたしますが、ご理解下さい。

11.06.03 日本脳炎ワクチンに関するお知らせ

5月20日付けで、日本脳炎ワクチンの公費での接種年齢が20歳未満までに広げられました。接種可能な方は誕生日が平成7年6月1日以降の方です。この年齢層で、接種を逃しておられる方は是非、接種しておきましょう。予診表がない場合は保健センターにお問い合わせ下さい。

11.04.01 ヒブと肺炎球菌ワクチンの再開のお知らせ

一時見合わせ中であった両ワクチンですが、4月1日から接種可能となりました。当院 でも接種を開始いたします。これまで通り、同時接種も行いますが、やはり不安と思 われる方は1つずつの接種ももちろん可能です。ご相談下さい。約一ヶ月間、接種でき なかったため、しばらくはワクチンの枠が混雑するとは思いますが、ご了承下さい。 これらのワクチン接種希望の方はお電話にて予約をお願いいたします。

11.03.28 ヒブと肺炎球菌ワクチンの再開について

接種の一時見合わせとなっていた二つのワクチンですが、専門家会議では「これらワクチンの安全性に特段の問題があるとは考えにくい」という結論をだし、現在厚労省で4月1日からの接種再開に向けて協議中とのことです。私自身もこのワクチンは非常に有効なワクチンと考えておりますので、再開となりましたら、積極的に接種をしていこうと考えております。接種受付開始はまたお知らせいたしますので、もうしばらくお待ち下さい。
年度末です。接種忘れのワクチン(2種混合やMR)にご注意下さい。
現在、当院では、インフルエンザB型やロタウィルスの患者さんが多く来院されております。春休みに入り流行は終息すると思われますが、保育園に通っておられる子供さんなど、発熱や嘔吐の症状にご注意下さい。

11.03.17 お知らせ

東日本大震災やその後の原発事故や余震などで皆様落ち着かない時を過ごされていると思います。北千里界隈からすれば、東日本は遠く、情報はTVを通しての映像に恐れおののくばかりです。被災地からの里帰りの患者さんの受診も時にあり、そういった方を通して大震災を感じる日々です。今は自分がやれることをいつものようにやることだと肝に銘じて診療しております。

肺炎球菌、ヒブワクチンに関しては今のところ接種見合わせ状態が続いております。
厚労省の結論、今しばらくお待ち下さい。

11.03.04 緊急!肺炎球菌ワクチンの安全性について

既に報道でご存知の通り、肺炎球菌ワクチンとの因果関係が否定できない死亡例がでております。世界各国で既に安全性は担保されておりますので、ワクチンとの因果関係はないとは思いますし、当院ではこれまで問題なく多くのお子様にワクチン接種をして参りました。しかし、安全性に疑問が残る以上、この問題が解決するまで積極的に肺炎球菌ワクチン接種をお勧めできないと考えております。ご理解下さい。

【追記】
さきに触れましたが、その後厚労省からヒブと肺炎球菌ワクチンの接種見合わせが指示されました。安全が確認されるまで、しばらく接種できませんのでご了承下さい。
また、子宮頸がん予防ワクチンは流通問題で供給が滞っております。
新規予約をしばらく受けられない状況
となっております。
申し訳ありませんが、状況が改善するまでしばらくお待ち下さい。

11.01.28 ワクチン接種費用の一部公費助成が始まります

吹田市在住の方は2011年2月1日より、子宮頸がん予防、Hib、肺炎球菌ワクチン接種費用の公費助成が始まります。対象者の方には保健センターより予診表が送られてきます。この予診表は、ある意味、金券と同じですので医療機関に予備を準備することはできません。忘れた場合は公費助成は受けられませんのでご注意下さい。三種とも接種を強くお勧めできるワクチンですが、扱いはあくまでも任意接種ですので、接種するかどうかは保護者の方の判断によります。自己負担額は子宮頸がん4000円、Hib2000円、肺炎球菌2500円です。接種対象者、対象年齢が厳しく規定されておりますので、希望の方はなるべく早期に接種して下さい。(各ワクチンの説明はワクチンコーナーを参照)現時点で他市の方の扱いは決まっておりません。したがって、かかりつけのお子さんでこれらのワクチンを希望の方は、これまで通り全額自己負担となります。ご理解下さい。

09.05.01 この度、大阪府吹田市 阪急北千里駅前の医療ビル(千里ノルテビル)5階 「はらだ小児科」のあとを引き継ぎ、新たに『ほそいがくこども診療所(小児科・アレルギー科)』が開院いたしました。
がく先生のアフリカ・タンザニア
(c)ほそいがく こども診療所 小児科・アレルギー科 〒565-0874 大阪府吹田市古江台4-2-60千里ノルテビル5F